レーシックイメージ

事前の険査の結果ではレーシックを受けられない人もいることを知っておくこと

レーシックはとても便利で視力を改善するのにもすごくいいのですが、実は受けられる人と受けられない人がいます。
それはカウンセリングと険査をするときにわかることなのですが、色々な理由があります。
険査では角膜があまり厚くない人などは受けることができません。
学会による基準があるということで、ここでひっかかると受けることができないのです。
あとは、目の病気を持っているという場合です。
目の病気を持っている人のほかには、糖尿病の場合には傷に対する治癒力の問題で受けることができません。
幸い険査の結果、まったく異常がない、ということでレーシックを受けることができるようになったのですが、そのあとに以前に手術を受けた人から、きちんと険査を受けてできるようになったのならよかった、ドライアイがひどいと受けさせてもらえない人もいた、と言われました。
実は少しドライアイ気味だったのですが、このこともきちんと伝えておきました。
このくらいならドライアイのうちには入らない、ということで、安心してくださいと言われて手術に踏み込むことができました。
手術を受けに来る人のなかには、職業上受けることを断念した人もいたということです。
スポーツで激しい運動をする人などはあまり受けることがないのだとききました。
また、年齢があがると手術を受ける人も増える傾向があると聞いて驚きました。
スポーツやサイクリング、また色々な趣味で手術をうけてよかった、と言う人が多いのだと言うことです。
趣味で走ることをしている身としては、なかなか興味深い話で、年齢があがっても、病気などでなければ受けたい、と言う人は多くいるそうです。
実際に病院で隣り合わせになった年配の方は定期的に険査にきている手術を受けたことのある方で、レーシックの本やパンフレットのようなものを熱心にみているところをみて、話しかけられました。
趣味はロードサイクリングで、以前はメガネをかけてヘルメットをしていたので、視野がせまくて困っていたことなど、手術後のことなども色々とお話してくださいました。
思い切って受けてみてよかった、ということを話していたので、やはりポジティブにもなれるのだ、と感じました。
年齢があがるほど、老眼などの心配もありますが、それでも手術を受けたいと言う人は多いのだと言うことです。
受けられない人は残念だけれど、少しでも改善できるように、と医師から色々とアドバイスをされたということで、少し前向きになっていました。
特に病気を患ったことがある人は、カウンセリングや険査の時点で受けられない、ということを言われることもあるそうですが、それでもほかの病院もカウンセリングにいってみようと思う、という人がいるということです。
前向きに、元気に行動できる年齢のうちに受けておくことがい、とその年輩の方にもアドバイスされました。
思い切って受けた手術では、とても快適な日々を過ごすことができていますが、この状態をみて、受けたいと言われることがあるのですが、そのときにはカウンセリングをきちんと受けることと、適応険査を必ずすること、それから受けられない場合のことなども説明して、レーシックが受けられる病院でもう一度説明を受けるようにと言っています。

Copyright(C) 2011 視力の回復手術.com All Rights Reserved.